高級賃貸の家賃を経費として計上する場合のポイント

会社の経費として高級賃貸の賃料を申請する

高級賃貸を借りる人達には会社経営者や役員などを中心に比較的収入の高い方が多いとされていますが、ここ数年増加傾向にあることとして、青年実業家として成功している30歳代の方などがその対象として割合をしめてきています。
多種多様な層に渡って高級賃貸の需要が求められている中、自宅として使用する以外に、セカンドハウスとしての利用、または会社オフィス以外で仕事に集中できる場所として利用するというスタイルも多くなってきています。
このような時、税制上でもメリットがあり、高級賃貸を仕事場として利用する場合、賃貸料を含めた様々な費用を、経費として計上できるという利点があります。

数割を経費として申請できるケースも多いです

家賃を経費として計上する場合は、賃貸料金を銀行口座からの引き落とし、としておくことで領収書の取得の手間を省くことができます。
この場合、預金通帳に記載があることで必要証拠書類になるため、領収書やその他多岐にわたる書類の管理など、煩わしい事務作業からも解放さるという利点もあります。
その他にも家賃だけではなく、電気、ガス、水道代などの光熱費やプロバイダー料金などの通信費なども事業や仕事として使用した分は経費として計上することができます。
ただし、その場合はそれらの領収書を全てとっておく必要があるため、その分の手間はかかることになります。

きちんと常識的な経費処理を行えばOKです。

複雑な処理に紛れてチェックもされないだろうということで、個人的な飲食料金などを勝手に経費に入れて申告などすると違法になりますので、絶対に行わないようにしてください。
少しでも手間を省きたい場合は、家賃を経費に組み入れる程度に留めることが最良といえます。
またそれが賃貸物件の大きな利点といえますが、その辺りはよくご検討の上行うようにしてください。